読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーボードってそろそろ進化するべきなんじゃないだろうか

スマホのフリックは好きだ。でもキーボードの入力速度にはかなわない。
いつでもキーボードを持ち運べて、どこでも使えるならキーボードを使うだろうけど、そうはいかない。
キーボードは、まずどこかに置かないと行けないし、幅を取る。

キーボードが現在の形に落ち着いてからしばらく立つんだけど、そろそろ進化するべきじゃないかな?

なんとなく検索していたらkeygloveというものを見つけた。makezine.jp

手袋型のキーボードと呼んだらいいのだろうか。
これならスキー場でも使うこともできるだろう。
ちょっとごてごてしているのがネックだ。

今後に期待。

手のひらキーボードなるものもあるらしいgigazine.net

発送がキーボードから抜けていない気もするけど、応用の幅は広そうだ。
脳に限らず、人体の信号をセンサーにできればいいのだろうけど。
神経から信号を取り、逆にフィードバックを神経に与えるようなもの。失敗すると痛そうだけど。


prosheet.jp
指輪デバイスもある。これはキーボドの代わりにはならないだろうなぁ。