読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pdnsを適当にチューニング

pdnsのチューニングは以下のページが参考になる。
https://doc.powerdns.com/md/authoritative/performance/

細かくやればきりがないと思うけど、receiver-threadsが一番効果がでそうなので、そこからやってみる。

チューニングのきっかけとしては、バックエンドのmysqlへのレイテンシーが非常に大きい環境があり、
その環境にあるDNSサーバがパンクしかけていたことだった。

レイテンシーが大きい場合は並列数を増やすことが効果的だと思ったのだ。

まずは設定値を変えてみる。デフォルトはreceiver-threads=1となっている。

$ sudo diff pdns.conf pdns.conf.20160908                                                                                  
251d250

< receiver-threads=3

以下のシェルスクリプトを使って検証を実施。
gist.github.com

receiver-threadsを上げてテストすると12ぐらいで最良の結果が得られた。
検証の方法が正しいかは保証できないが、適当にチューニングするぐらいならこれでよいのではないかと思う。

上記の公式ページだとreceiver-threadsは3,4ぐらいが適切と書いてあるが、
DBに対する通信のレイテンシーが大きい環境ではそうではないようだ(当たり前か)

2016-01-30 更新

`dnsperf`が大変便利なのでこんなシェル要らないことに気づいた。